北海道のハンマーダルシマー奏者、大先輩の小松崎健さんが
関西ツアー中です。

今日は(もう、昨日だ…!)歌手の近藤明子さんとのユニットで、オープニングアクトを
務めさせて頂きました。
雨の中、ご来場本当にありがとうございました。
雨音の中のコンサートは、私はとても気持ちがよくて楽しかったですが、
みなさんはいかがでしたでしょうか。

健さんのハンマーダルシマーは、本当に暖かくて、まっすぐで、優しくて…

包みこむような音で、それでいて芯が通っていて。

暖かくてユニークな、お人柄もさることながら、毎回、勉強することでいっぱいです。

今日は少しセッションも。
お客様がアップしてくださっていますので、ご紹介させて頂きます。

 (Click!) 


私も北海道に行きたいな。

会いたい人がいっぱいです。

健さん、ありがとうございました。

共演の明子さんのお料理は、毎回とても美味しくて、素晴らしいものばかりです。
サリーガーデンのコンサートは、お料理も楽しんで頂けますので、
どうぞまたいらしてください。
今日のメインは、鹿肉のブラウンシチューでした。
私も頂きましたが、とても美味しかったです。

6月18日、26日にもサリーガーデンでのコンサートがありますので、
またご案内致します。

今日お誕生日のお客様がいらっしゃって、
みんなでお祝いしました、本当におめでとうございます!
とても良い時間になりました。

ご来場、本当にありがとうございました。
Img_13701fe6af1d70a5cbfa112514ee16af
明子さんと小松崎さん、てぃんさぐの花
Img_dff4c064800236cef8a996ba5269f9b7
終演後
Img_60dd91889c85fcbe878cc93e4ebe88e9
今日お誕生日のお客様にサプライズ!で一曲プレゼントしました♫
Img_9acee7c9fb6e65b639311c9a47543375
京都桂・千代原町にあるカフェ「シーベリー」さんが、開店一周年を迎えられました。

そんな記念の大切な日に、コンサートをさせていただく運びとなり、
歌手、朗読家の近藤明子さんと一緒に、スコットランドやイングランド、
アイルランドや、オーナー井上朋子さんがお好きな、海にちなんだ沖縄の歌を持ってお祝いをさせて頂きました。
シーベリーのお客様がたくさんお祝いに駆けつけてくださり、満席で開催させて頂きました、ご来場本当にありがとうございました。

シーベリーさんは、丁寧に作られたコーヒーやサラダ、
ホットサンドやパニーニ、時々お蕎麦もある、手作りの暖かい、優しい気持ちになれる素敵なカフェです。
お店のページはこちらです↓
 (Click!) 
井上さんのほっこり優しいお人柄にいつも癒され、元気になって帰れる、そんなカフェです。



近藤明子さんと私は、二人ともとても好きなケルトの世界を二人で深めていこうと
ユニットを組みました。
中世世俗音楽・民族音楽を演奏する近藤明子さんと、北欧・ケルトの音楽を演奏するAkiによるユニットで、
古楽器、民族楽器、キーボード、バウロン、鍵盤ハーモニカなどを使って、独自の響きを探りながら、各国の伝承音楽を中心に演奏しています。
スコットランドの悲恋のバラッド、アイルランドの素朴な求愛の歌、カタルーニャの盗賊の歌、フィンランドの陽気なポルカ、沖縄の風の旋律、日本の空の歌などを
レパートリーとしています。

この日は古楽器クラヴィシンバルムも持参し、Ruusuらしい演奏ができたかなと思います。
ケルトの古い歌の世界は、本当に素敵な歌ばかりなので、皆さんにもぜひ、聴いてほしいと思っています。
Ruusuらしいアプローチもぜひ楽しんでください。




次回のRuusuのコンサートは2018年5月2日19時より
北海道のハンマーダルシマー奏者小松崎健さんによるコンサート「旅するダルシマー」(場所・京都
アートルームサリーガーデン)
コンサートのオープニングアクトを務めさせて頂きます。

お問い合わせはakimusiikki@gmail.com

まで、どうぞよろしくお願い致します。




Img_0193ad72010b3b85fb60f1fef349f31f
Img_d85b37337a11a6b306df27bd589bedb6
クラヴィシンバルムと五弦カンテレ
4月に、近藤明子さんとのユニット"Ruusu"のファーストコンサートを行いました。

北欧の古い歌や、ケルトの曲、スペインのカンティガについて演奏をしました。

動画を頂いたので、宜しければぜひご覧になってくださいね。

この時、お客様が泣いてくださって。
演奏で泣いて頂けるのはとても光栄なことなんです、心の思い出箱にしっかりと入れました。
ピアノだったので、後ろ向きでしたが、よく分かりました。


ありがとうございました。