カロリーナとのコンサートを終え、今頃になってじわじわと感動を思い起こしています。

フィンランドから来日したカロリーナは、世界に数人しかいないヨイクの継承者でもあり、全身で表現する、本当に素晴らしい表現者です。

年齢が近いこともあり、リハから本番にかけて本当に楽しい時間を過ごした私たち。


言葉にできない経験を胸に、もっとうまくなりたいと感じました。



別れ際に、「私は泣かないよ」と言ってくれたカロリーナ。

また会えると信じています。



Img_8e32aa5891727738c2d7e77406758d64
Img_8a47219f6c58b7d91a57255bf23f49b0
宝塚ベガ・ホールロビーにて、チェンバロとヴィブラフォンのデュオを演奏させて頂きました。

このシリーズのファンでいらっしゃるみなさまに聴いて頂き、約100名ほどのお客様がご来場くださいました、本当にありがとうございました。

お世話になった会館のみなさま、本当にありがとうございました。


思ったよりも私の楽器の音が大きく、最近よく鳴るようになったためと、私の曲は低音がしっかり出ていた方が良さが出るということもあり、少しマイクを足してもらいましたが、とても気持ちよく演奏できました。トラッドが好きで弾いているけれど、自分の楽器のモダンな部分、現代に生き体になじみのあるものを表現しようとすれば、新しいものが生まれる。
今回のコンサートで自分の大きな課題が見つかりましたが、生涯を通じて追っていくもので、今までとも変わらないけれども、もっとうまくなりたいと切に思いました。


ブゾーニやバッハでは、新しい境地が開けた気がしています。大好きなものは続けて行きたい。



千恵ちゃん、ありがとうございました。




Img_666a60a722d07d1922429f3c653fd01a
北海道・札幌に行ってきました。
日本を代表するカンテレ奏者、あらひろこさんのコンサートに伺ってきました。

学生時代にスキーをしに行ったことのある北海道は、長野など本州の雪とは違い、ワイドビューで、怖くなって歩いて降りた経験あり。。。この時期に行くのは少し勇気が要りましたが、伊丹空港で降っていた雨はどこへやら、快晴で、雪も道路横に除雪されたものだけという好機で助かりました。

今回の旅では、カンテレの即興演奏を得意とされる河野千恵さんにとてもお世話になり、食事を共にさせて頂きましたが、短い時間はとても濃密で、たくさんお話できたように感じています。


食べ物はどこもおいしく、札幌で食べた新鮮ないくらのパスタ、晩ご飯に、あらさんにごちそうになったJack in the boxさんのスープカレー、コンサート会場のLokaさんのクランベリーティーは温かくて甘くて、本当においしかったです。


河野千恵さん、森川鈴子さん、そしてあらひろこさんのカンテレ演奏を聴くことができ、本当に素晴らしくて、知らなかったカンテレでの即興の世界や、河野さんが仰っていた「その人のやりたいことに寄り添ってくれる楽器」カンテレの良さを改めて感じ、始めて良かったなあ、、、と感じています。
打楽器でずっと表現したかった、光やしずくのような、繊細なものの世界があらわされていました。


札幌のみなさんは、同じ音楽が好き、という仲間が集っておられて、自然に音楽を楽しみ、自分らしさを大切にし、北欧の文化を愛しておられ、私もこうでありたいなと思いました。
大好きなものを人生に取り入れて豊かに暮らすことの大切さ。
自由に呼吸ができる感覚。


夜はカンテレ倶楽部にお邪魔し、一時間ほどの講習を受け、みなさんとお話を楽しみました。
温かく迎えて頂き、本当に本当に感謝でいっぱいです。
次回はぜひシャナヒーでお邪魔したいと思います。


朝一番の飛行機で行き、次の日朝一番の飛行機で帰ってきました。
搭乗機は15周年の記念のフライトだったそうで、良い思い出が増えました。


仕事に行き過ぎると家族に負担をかけるかも、、、といつも心配しながらの毎日、だけど本当に、言行って良かったです。
カンテレを、心を込めて、学んだことを大切に弾いて行こうと思います。


お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。
Img_e0eec9912871e83b4378319f16232789
Img_b83e8da42d1957677ab6604373b49b20
Img_e666ff957f3205871fd413d1ec662b69
Img_c4fa290fc5f518b6220127de73cec098
上岡淳平さんによるミュージックビデオが完成しました!
どうぞご覧になってください♪

3rd.アルバム「Ljus」から「空のポルスカ」


みなさん、どうぞ良いお年を!